KeyDays

ユニークすぎるKeyとの日記

電子機器

電子機器との付き合いを考えています。
電子機器というのは、スマホ、ゲーム、テレビ、PC等です。


友達関係を重視するKeyは、対等なコミュニケーションツールとしてどうしても必要だと望みますが、
Keyのような子は、電子機器が現実からの逃げ道になったり、のめりこんでしまうケースが少なくないため、時間制限を設けています。


しかし、LINEは連絡がきたから返さないといけないとか、情報を調べるだけだとか、
ゲームもチームで遊んでいるので今すぐ終われないと言って、時間オーバーしがちです。


脳に与える悪影響を言い聞かせ、
しょっちゅう声掛けをしたり、時間になったらwifiを強制的に切ったりしていますが、
今後も電子機器は私たちとは切っても切り離せないツールですし、付き合い方が本当に難しいです。


電子機器を使用する時間は感覚としてとても短く感じられます。
4、5時間画面を見ることに全く抵抗は無く、かといって同じ時間を勉強や自己研鑽に充てることはとてもできません。


子供も大人も、ひきこもっている人は、ほとんど電子機器三昧なのではないでしょうか。
暇で退屈でどうしようもない中から、思考したり、行動したりする機会が失われ、あっという間に何十年も家から出ないまま過ごせてしまいます。


毒になるか薬になるかは、使用者側の問題です。


習慣を作ってあげるのは親しかできないことですし、意志の力を育てることが、上手く付き合っていくコツなんだろうなと思います。